Parallels Desktop for MacのマニュアルにはVT-x/EPTをサポートしているように書いてありますが、実際には表示されていません。
Windows Phone 8からエミュレータはHyper-Vが必須になっていますのでこれでは利用できません。
以下、問い合わせたので書いておきます。
何らかの原因でリリースが遅れているようですね。

<問い合わせ内容>
CPUを2コア以上、メモリを4GB以上設定し、VT-x/EPT対応のCPUを利用しているにもかかわらず、添付したスクリーンショットのネストされたVT-x/EPTの有効にするボタンが表示されません。
Windows Phone 8のシュミレータを動かす際にHyper-Vを利用するため必須となります。
VM-WareFusionでは可能ですし、今回購入したParallelsでもヘルプ内のマニュアルでは設定を有効にすることは可能になっています。
どのようにすれば添付のようなネストされたVT-x/EPTを有効にするボタンが表示されるのか教えて下さい。
よろしくお願い致します。

<回答>
本件について上位エンジニアに確認したところ、本社開発の情報により、「ネストされたVT-x/EPT」 の機能が現在テスト中または開発中の為、利用することができかねます。
新しいビルドにこの機能が利用できた場合、以下のナレッジベースに公開されますので、英語でのご紹介となりますが、ご参考までに弊社ナレッジベースをご案内いたします。