使わないとダメだと思うんですよ。お金って。だって流通させるためにあるんだから。それを貯金にまわしたりしてたら経済が止まっちゃいますよね。
お金持ちからお金を使う機会を奪っちゃダメなんですよね。どんどん使ってもらわないと。
なぜかお家の中の理論で経費縮小すると経済が良くなるみたいなバカらしい話ばかりを聴きますが、みんなお金を使わなくなって貯めているだけだったらお金、まわってこないじゃないですか。
お金は使うもの。使わないなら取り上げてしまえばいいのにと思います。だって流通の邪魔をしてるんだから。
人が動いて初めて経済が成り立つんですから、どんな小さな仕事でもどんどんどんどん作って仕事をしてもらって、人間で言うと血液を循環させないと。今やってるのは血がもったいないから心臓にためて出さないでおこうぜ!ってやってるようなもので血液が末端までまわらないからそのうち、虚血して、どんどんどんどん体力を弱らせていくようなものではないのかなあと。そのうちに血管も詰まってしまって、血液がまわらなくなってしまう状態になってしまうのではないかと。
どうしちゃったんでしょうね。早くカンフルうたないと。
と定期的に同じようなことばかりかいていますが、僕はこのシルビオ・ゲゼルの「ロビンソン・クルーソー物語」が面白くて仕方がないのです。当たり前のことが書いてあるので。

まあ、こんなこと書いてもそんなに何ができる訳でもありませんから、せめて小さな小さな範囲だけれどちょっとしたことでもお仕事を創造していけたらそれはそれで砂粒のようなもので少しはお役に立てるのかなあと思う訳です。
ということでもっともっとアプリ作るぞ〜っと。