目次を見てもかなり気合いの入った開発本ではないでしょうか。予約受付になっていたので注文しました。

また、新しいことを覚えられそうでうれしいですね。

<目次を引用>

1. Introduction

  • iPhoneアプリケーションの開発って?
    • iPhone の特長を生かしたアプリケーションとは?

2. 開発環境

  • iPhoneアプリケーション開発の環境
    • ColumunPhone SDK 2.2.1とiPhone SDK 3.0
  • 開発環境の構築
    • ・デベロッパー登録
    • ・SDKのダウンロードとインストール

3. Hello World ─最初のiPhoneアプリケーション

  • Xcodeでプロジェクトを作る
  • Interface Builder でインタフェースを設計する
  • Interface Builder で実装する
  • アプリケーションの実行
  • XcodeとInterface Builder の連携
  • オブジェクト指向とクラス
  • インタフェースとの接続
    • Columunヘッダファイルのインポート
  • iPhoneアプリケーション開発の全体像
    • ColumuniPhoneアプリケーションを実機で動かすには

4. iDrum─より本格的なiPhoneアプリケーション

  • iPhone のサウンド関連API
  • OpenALの概要
  • プロジェクトの作成
    • ・OALクラスの導入
    • ・フレームワークの追加
  • インタフェースの設計
  • iDrumModelクラスの作成
  • iDrumModelクラスの実装
  • retainとrelease
  • XcodeとInterface Builder の連携
  • 簡単なデバッグの方法
  • ボタンのカスタマイズ
  • アプリケーションアイコンの設定

5. SoundCosmo ─画面描画とマルチタッチ

  • プロジェクトの作成
  • UIViewの実装
    • ・初期化
    • ・NSTimerインスタンスの生成
    • ・drawTimerFiredの実装
  • iPhone OSの描画のしくみ
    • ・矩形、サイズ、点
    • Column座標系
  • タイマーを使ったアニメーションの実装
  • タッチ処理の実装
  • iPhone OSの描画API
    • ColumnOpenGL ES
  • Quartzによる描画
  • 描画処理
    • ・ドット演算子による記法
    • ・viewプロパティ

6. SoundCosmo2─加速度センサーと3次元音響

  • OpenALによる3次元音響
  • サウンド処理の実装
  • マルチタッチとの連動
    • ・touchesBeganメソッド
    • ・touchesMovedメソッド
    • ・touchesEndedメソッド
  • iPhone の加速度センサー
  • 加速度の値を取り出す処理
  • 加速度センサーを使ってリスナーの位置を動かす
    • ColumunOpenALクラスの実装

7. weShake ─ネットワーク通信を使ったアプリケーションの開発

  • iPhone のネットワークの機能で何ができるか
  • プロジェクトの作成
    • ・Open Sound Control(OSC)
    • ・libloライブラリの読み込み
  • PCとの連携
  • IPアドレスの取得
    • ・NSHostクラス
  • インタフェースの設定
  • デリゲートメソッドを使ったUITextFieldの制御
    • ・UITextFieldの実装
  • OSCクライアントの実装
  • ユーザー環境設定の読み書き
  • 加速度センサーの設定
  • OSCサーバ
  • 加速度データの解析ーシェークを判定

8. weShake2─ GPSを使ったアプリケーション

  • GPSとCore Locationフレームワーク
  • Core Locationの使い方
  • 位置情報を扱う処理の実装
  • 地図の表示
    • ColumunApp Storeでアプリケーションを販売するまで

Appendix:iPhone Developer が語る、”iPhoneが見せる未来”