VoiceLoverさんが発売されておられる「ささやき庵 添い寝屋本舗 双葉」を聴かせていただきました。
紅月ことねさんの演じる「双葉」のシリーズは評判が良くてR18でなければ聴きたいな〜と思っていたのですが、ついに「全年齢のノーマル作品」としてリリースされました。
最初、R18作品だと思ってたので諦めてたんですよね。でもノーマルだって聴いたので早速買っちゃいましたよ。
発売記念! 期間限定超特価販売、通常価格 1050円を525円で発売されておられるのでちょっとお得ですね。

お声はもちろん、このシリーズを支えておられる紅月ことねさんですから素敵なのは当たり前なので(笑)割愛しちゃいますがとても素敵です。
左右から入ってくる囁きの声は本当に鮮明。前回の「ささやき庵 添い寝屋本舗 流撫」も素敵なのですがまた違った魅力がありますね。

VoiceLoverさんの作品で気になるのはそのシナリオ、出だしのアイスクリームには「うわぁ〜謀られた」と思いました。でもこういう音声を収録するって面白い効果ですよね。
ま、あまりそこは得意ではないんですけどね(笑)
後半はとても素敵。
原風景というか子供の時の心象風景というかそういうものを巧みに織り交ぜて、誰もが経験したのではないかなと思うような懐かしくて切ないお話を展開してくれます。
いつも感心しちゃうんですよね。このお話の運び方。トン、トン、トトン。という感じで最後にホームに戻る巧さ。
「ポロッと」泣かされちゃいました。
泣いた僕の負けらしいです(笑)

音声作品に携わっている方にはぜひ聴いてもらいたいですね。
DLSiteさんで525円、DMMさんで472円で特別価格で発売されています。

これからも全年齢の作品をたくさん作っていただけたらいいな〜。
こんな素敵な作品を創造するVoiceLoverさんの作品を成人男性のものだけにしておくのは勿体ないな〜って思うんですよね。