突然犬さんのイメージが沸いてきて一気に書き上げてるんだけど今回は短くて泣けるとこもなくて意外な犬さんの一面を描く物語になりそうです。