見かけほど相手はすごくない
自分が弱っている時、誰もが立派に見えたり、凄い存在に見える時があるけど実際は取るに足りない人物であることが良くあるということ。