いつか手放すとわかっているのに、なぜいつまでもとらわれるのか。
人はいつか亡くなるとわかっているのにいつまでも同じ平和が続くと信じて疑わず、小さなものを失うたびにこの世が終わるように嘆き悲しむのはやめて、人生を楽しもう。