いつからかSnowLeopardでスリープしないようになった。
もちろん、手動ではできるのだけど省電力機能では一切スリープしなくなった。
取り敢えずログを見てみようと思って、ログの見方を調べた。
システムプロファイラというユーティリティがOSXにはあるようでソフトウェアのログという項目にSystem.log(システムイベントログ)があった。
ダブルクリックしたらログが表示されるので、Sleepで検索をかけるとなんと!!!
1PasswordAgentというのがSleep前後で大量に発生している。
フリーだったときに入れたものだ。
気持ちが悪いのでここを参考に1Passwordを根こそぎ削除してみて再起動!

あれほどスリープが効かなかったのに嘘のようにスリープができるようになった。
もう二度と1Passwordは入れない。