国語嫌いだったのにたくさんの日本語を理解しようとしている僕を褒めたい。