すっかり最近では「萌え」「エンターテインメント」系のアプリとして認識されてしまっている「声で応援」ですが、本当は目的が違うアプリなんですけどね。
「言葉のちから」も「彼方の声」も違うアプローチですが同じテーマで制作しています。
世の中の多くの方は人付き合いがほどほどにできて、それなりに人生を謳歌することと思います。
これは生まれた環境、育った環境によるものが多く影響されていると思います。
じゃあ、人付き合いがうまくない方はどうしたらいいのかな?
人に励まされたり話す事で気持ちは解決していくものだと思っています。もちろん、逆のこともあるでしょうけど人との接点が少ないとそのチャンスも少なくなりますね。

褒められなれていない、励まされるのになれていないと、人との接点を持った時に褒められるチャンス、励まされる機会に恵まれた時にもそれをうまく受け入れられなくて失敗することもあるでしょう。

先日ちょっとした打ち合わせに参加しましたが主催した方に「あなたは女性にもてますか?」という意地悪な質問をされた「中年男性のSE達」はシドロモドロになっていて面白かったです。
自分の事情を説明する方、真剣に自分の性格を説明する方などなど(笑)
まあ、100%「もてない」言い訳をしていたようです。
コミュニケーション不足ですね。

褒められること、励まされることそれに慣れることによってコミュニケーション力をあげて実社会での辛いこと悲しいことも実社会で解決できること、楽しい気持ちになることで景気の「気」の部分が良くなるようなお手伝いができること、それがこのアプリ達の目的なんですけどね。

ま、萌えでもエンタメいいです。役に立てるならね(笑)