ネコさんをまとめてから、つながりの部分を少し修正しました。
これですっきり。

第1章 ネコさんの想い出
なっちゃんは小学一年生です。
なっちゃんはとても泣き虫で引っ込み思案。
友だちを作るのが苦手です。
いつも一人で遊んでいました。
そんななっちゃんのお家に、とても小さな宝物がやってきました。
ふわふわな毛にくるまれた小さな小さな宝物がやってきました。
目も十分にひらいていません。
カゴの中で寒そうに震えています。
きょうからなっちゃんがお母さんです。
寒くないように毛布にくるんだり、抱っこしてミルクをあげたり。
なっちゃんに一番の友達ができました。
二人はいつでも一緒。
なっちゃんの行くところには必ずネコさんは一緒でした。
ずーっとずーっと長い間、それは続きました。
なっちゃんが小学校に行っている時も、邪魔にならない所でなっちゃんを見守っていました。
毎日、毎日、ネコさんはなっちゃんと一緒です。

なっちゃんは中学生になって、友達もたくさんできるようになりました。
なっちゃんは友達と遊ぶようになり、ネコさんと遊ぶことが少なくなってしまいました。
でもネコさんは平気。
以前と同じように、毎日、毎日見つからないように学校についていってなっちゃんを見守っていました。
ネコさんはなっちゃんが楽しそうな顔をしているのが大好きでした。
だから遊んでもらえなくても、ぜんぜん平気だったのです。
なっちゃんも高校生になり、恋をするようになりました。
好きな子に告白して、失恋して泣いているときもネコさんはそばでじっと見守っていました。
大学生になり、社会人になり、結婚してたくさんの家族ができたときもネコさんはいつも一緒でした。
なっちゃんの娘さんをお嫁さんに送り出したときも、ネコさんは一緒でした。
お孫さんができて喜んでいるときも、ネコさんはいつも一緒でした。
いま、なっちゃんは多くの家族に見守られて、病院のベットにいます。
人生の締めくくりを迎え、多くの家族に見守られて、なっちゃんは旅立っていきました。
そんな時もネコさんは病院の窓の外からなっちゃんを見守っていました。
なっちゃんは窓の外で心配そうに見つめているネコさんを見つけました。
ネコさんと見つめあうと微笑みかけて幸せそうに静かに旅立っていきました。
ついにネコさんは独りぼっちになりました。
その日はちょうど雪の降るクリスマスの日。
病院の庭で横たわっている大きな年老いたネコさんの身体に雪が降り積もりました。

第2章 温かな泉
ここはとても古い深い森、心迷いの森と呼ばれる森の中。
この森にも今年はたくさんの雪が降り積もりました。
木々は白い帽子をかぶり、草原はまるで白い絨毯を敷いたように見えました。
そんな真っ白な森の中でただ一カ所だけ雪の降り積もっていない場所がありました。
心迷いの森の奥の奥、今ではみんな忘れてしまっているようなそんな奥に温かい水がわいている泉がありました。
人間の世界での温泉よりもちょっとぬるい泉ですがこの周りだけはどんなに雪が降っても、降り積もったことがないそうです。
その森の中を初老の紳士が歩いています。
大きな顔に小さな目と鼻、ちょこんとついた耳はアクセサリーに見えるぐらい。
それに比べて大きな口!すべてを食べ尽くしてしまいそうな大きな口をしています。
鼻の上にちょこんと小さなメガネをかけたカバのおじさんが大好きな泉に入りにきていたのです。

冬は冬眠するのが普通なのですが、皆さんも知っているとおりカバさんの住んでいるところには冬がありません。
冬眠するということがないのですね。
だからカバさんは冬の間は毎日、泉でくつろぐのが日課になっていました。
そんなカバさんは泉の側に小さな小さなネコさんが横たわっているのを見つけました。
「おやおや、今日はもう家に帰る時間らしいよ」
カバさんは冷え切った身体をしたネコさんを持ってきたバスタオルに包んでお家に連れて帰りました。

第3章 夢
「なっちゃん、なっちゃん」
ネコさんは何度も呼びかけました。
でも、もうなっちゃんは返事をしてくれません。笑ってもくれません。
ネコさんはガラスを何度も何度もひっかきました。
だけど誰も気づいてくれませんでした。
今日はとても冷えて雪が降り始めています。
何度も何度も呼びかけて、何度も何度もガラスをひっかくけれど病室にはいることはできませんでした。
いつしか夜になり、病室は真っ暗になりました。
窓ガラスはカーテンが閉められもう中を見ることができません。
誰もネコさんに気づいてあげることができませんでした。
それでもネコさんは必死で呼び続けました。
「なっちゃん、なっちゃん」
ガラスをひっかき振り絞る声をあげました。
でも、声は届かなかったのです。
ネコさんはとても疲れてしまったのでしょうね。そのまま気を失って、窓から庭に落ちてしまいました。
そのネコさんの身体にしんしんと雪が降り積もっています。
雪は身体から体温を奪います。
そんな中、ネコさんはとても幸せな夢を見ていました。

「なっちゃんと遊んだこと」
「泣いているなっちゃんの横に座って手をなめてあげたこと」
「いい子いい子してもらったこと」
「なっちゃんにミルクをもらったときのこと」

いろいろなことを思い出していたのです。
そうするうちに身体はとてもポカポカしてきて、何だかふわふわと浮かんでいるような不思議な気持ちになってきて眠ってしまいました。
まるでなっちゃんに抱かれているような心地よさを思い出していたのです。

第4章 カバさんのお家
気がつくととても心地の良いベッドの中で小さな小さなネコさんは眠っていました。
とてもとても大きなベッドでネコさんなら20人は眠ることができるぐらいの大きさです。
部屋の中はとても暗いのですが、暖炉のあるあたりがパチパチと音を立てて炎が燃えていたのでぼーっとですが部屋の中を眺めることができました。
壁は木造でログハウスのように丸太を組み合わせた素敵な作りになっています。
柱には時計がかかっていて今が7時(朝か夜かはわかりませんが)をさしていました。
「ここはどこ?」
そう思って見回していると
カチャっとドアが開いて小さな女の子がこちらを覗いています。
「おじいちゃん、おじいちゃん、目が覚めたみたいですよ」
つぶらな瞳をした小さな女の子が可愛らしいフリフリの服をきています。とても育ちがいいのでしょうね。言葉がとても丁寧です。
その女の子がどうやら彼女のおじいちゃんを呼んでいます。
すると大きなとても大きな影が部屋に入ってきました。

「ああ目が覚めたね、もう大丈夫ですか?」

泉でネコさんを助けてくれたカバさんが優しい顔で小さな小さなネコさんに声をかけました。

第5章 泣き虫ネコさん
ネコさんはホッとすると辛い気持ちを思い出してしまいました。
カバさんはネコさんと話をしています。

「とてもつらい思いをしたんだね?ところでネコさんは、なにが辛いか教えてくれますか?」

ネコさんは考えました。
なぜ辛いんだろ?
なっちゃんにナデナデしてもらえなくなったから?
もう、話しかけてもらえないから?
もちろん、それもあります。
でも、本当にそうなのかな?
もう、話しかけてくれないないのかなあ?ナデナデしてもらえないのかな?
いままでもずっと話しかけてもらっていたわけではありません。
ナデナデもそう。
いつもというわけではありません。

遠くに旅立つということはどういうことなのか、誰が理解できるというのでしょう。

「誰も辛い気持を代わってあげることはできないよ。でも、なにが辛いかを一緒に考えてあげることはできるかもしれないね」

カバさんはネコさんに、今までの楽しかったこと辛かったことすべて話してもらいました。
何日も何日もネコさんの話しがつきるまで根気よく話を聞き続けました。

カバさんは自分の考えを押しつけるようなことはしません。
世の中にはたくさんの考え方があって自分が正しいとか間違っているとか争っていますね。
長く生きているカバさんにはそんなことはどうでもいいのです。
カバさんはみんな、それぞれがそれぞれの立場で正しいということを知っているからです。

だから、ネコさんに対しても自分で考え自分で答えを見つけるのをじっと待っているだけでした。

ネコさんはなっちゃんとあえていままでどんなに幸せだったのか楽しかったのか、ずーっとずーっと話し続けました。
何日も何日も。
心の中にあるものすべてを吐き出すまで話し続けました。

ネコさんはなっちゃんの笑顔を見るのが大好きでした。
なっちゃんが幸せそうにしているのが大好きでした。

ネコさんはなっちゃんが遠くに旅立つ前に、とても素敵な忘れられないプレゼントを残してくれたことを思いだしました。
それは微笑みと幸せそうに旅立ったなっちゃんの姿でした。

目をつむれば、今までかけてくれたたくさんの言葉を思い出すことができます。
ネコさんは過去の思い出から、たくさんの幸せをもらいました。

「心迷いの森へようこそ。今日から君は僕らの仲間であり家族になりました」
カバさんはそう言うとネコさんをこの森の仲間に迎えたのです。

ネコさんはもう独りぽっちではありません。

第6章 ネコばあさん
ネコさんは具合が良くなるまでの数日間、カバのおじさんのお家でお世話になりました。
そして、すっかりよくなるとネコさんは同じ種族であるネコばあさんの家でお世話になることになりました。
ネコばあさんは森一番のしっかり者で、カバさんのお家のお手伝いさんをしています。
病気で眠っている時もネコばあさんがお世話をしてあげていたんですよ。
だけど、ネコばあさんはちょっと怖いと恐れられているおばあさんです。
なぜかというと決して間違ったことは言わないのですが、怠け者や曲がったことが大嫌い。
嘘をつくなんてもってのほかです。

第7章 家族
この森では「血がつながった」家族のことを家族というのではなくて、同じ種族が一緒に暮らしている単位を家族と呼んでいます。
みんな歳をとってからこの森に来た動物たちばかりですから「血のつながった」家族というのは滅多にないんですね。
それどころか、いままで「血のつながった」家族には出会ったことがないんですよ。
カバのお嬢さんもカバのおじさんとは血のつながりがないんですよ。

第8章 ネコさんのお勉強
ネコさんは自由奔放に育ちました。
「なっちゃん」が出かけるところ、ちょこちょこっとついていって木の上で寝たり。蝶々を追いかけたり。
食べたい時に食べて、眠りたい時に眠っていました。

そんなネコさんがこのおばあさんのお家でお世話になることになったのです。
ほんとどうなるんでしょうね。

ネコばあさんは、ネコさんにいろいろなことを教えてくれました。

おばあさんの言うことをよくきくこと
言葉遣いもちゃんとすること。
朝は太陽が昇るとすぐに起きること。
昼は家のお手伝いをしっかりして、勉強もしっかりすること
夜は暗くなったら眠ること
やたらに爪を立てたらダメだとか
それはそれはたくさんのことを教え始めました。
もちろん、毎日少しずつですが。

でも、ネコさんは自由に暮らしていましたから、何を言っているのかもわかりませんでした。
なぜそんなことをさせられるのかもわかりませんでした。

だって、ネコさんは夜になると楽しくてお散歩するものだって決まってますよね。
それなのに夜は早く寝なさいとか昼間に働きなさいだとか。
なぜ、おばあさんはこんなにおかしなことを言うのかまったく理解することができなかったのです。

そんなネコさんにネコばあさんは怒らず、ゆっくりとそれに丁寧に教えていったのです。

ネコさんのお母さん代わりは「なっちゃん」でした。だから勉強を教えてくれることはありませんでした。
お母さんと言うよりも友達だったんですね。

ネコさんは毎日毎日、たくさんのことを教わりました。
はじめて教わることに目を輝かせていました。
楽しくって仕方がなかったんですね。
それにネコさんは負けず嫌いでした。

この間なんか学校で(*動物さんの世界にも学校があるんですよ)みんなが人間に変身できるのにネコさんはちゃんと変身することができなくてとても悔しい思いをして泣いて帰ってきました。
いくら変身しても耳だけ人間になったり、しっぽが残ったままになったり、何度変身してもうまくいきません。
それでも泣きながら何度も何度も練習をしました。
そんなネコさんと暮らすことで、ネコばあさんはとてもネコさんが好きになりました。
そして、いつも負けず嫌いの頑張り屋さんを応援していました。
変身がうまくできた時なんか、ネコばあさんは頭をナデナデして褒めてくれるようになりました。
いままで厳しいといわれていたネコばあさんのこんな姿を誰も見たことがありませんでした。
もう、ネコばあさんにはネコさんがいなくてはならない存在になっていたのです。
もちろん、ネコさんもネコばあさんのことが大好きでした。

そんなネコさんですがとても苦手なことがありました。
それは友達を作ることです。
本当はみんなと仲良くしたいと思うのですがなかなか仲間に入れません。
みんなが楽しそうに遊んでいるときも、仲間に入れてほしいと思ってもなかなか自分から仲間に入れてといえないのでした。

ネコさんは負けず嫌い。
だから自分から仲間に入れてといって断られたらと思うととても怖くてどうしても言い出せなかったのです。
傷つくのが怖いのですね。

みんなが楽しく歌を歌っているときに、ネコさんはみんなより歌がうまく歌えるように一生懸命練習します。
みんなが絵を描いているときには、ネコさんはみんなにすごいといってほしいからもっと上手に絵が描けるように一生懸命絵の練習をします。
だからネコさんは絵も歌も勉強もみんな上手になっていきました。
みんなはネコさんが絵も歌も勉強も得意な優等生だからとても、相手にしてもらえないのだと思ってますますネコさんと遊ぶことはなくなりました。
ネコさんはネコさんでみんなと遊びたいのに誰も声をかけてくれないので、もっと絵や歌や勉強をうまくなったら、誘ってもらえるのではないかと思ってますます勉強するのでした。

おかしいですね。
どちらも仲良くなりたいのに、仲良くなれないなんて。
どうしてでしょうね。

いつの間にかネコさんはみんなが遊んでいるのを遠くから眺めるようになりました。
おとなしくて気だてのよいネコさんとして。

勇気を出してネコさん。

第9章 大人になったネコさん
ネコさんもこの森に来て多くの年月をすごしました。
もう誰が見ても一人前の娘さんです。
たくさんのことを覚えました。たくさんのことができるようになりました。
川に行ってお魚を捕ってくることもできましたし、お料理もできるようになりました。
好き嫌いも(*野菜が苦手だったのですが)なくなりました。
もう、いつでもネコばあさんのかわりができるようになってきました。
この森でもとても気立てのいい娘さんと評判になるほどです。
それに友達ができました。カバのお嬢さんです。覚えていますか?
よく一緒に本を読んだり、絵を描いたりして遊んでいました。
カバのお嬢さんはとても友達を作るのが得意でした。
誰とでも仲良くなれたし、誰にでも好かれました。
カバのお嬢さんはやりたいと思ったら仲間に入れてと声をかけることが上手でした。
ネコさんが歌を歌っているのを聴いて、一緒に歌っていい?と声をかけたのもカバのお嬢さんです。

そんなカバのお嬢さんはやっぱり友達も多くて、いつもネコさんと一緒に遊ぶわけではありませんでした。
カバのお嬢さんはネコさんにみんなと一緒に遊ぼうというのですが、ネコさんはそんなときには用事があるからと断ってしまうのです。
そしてカバのお嬢さんがほかのお友達と一緒に遊んでいるのをみてうらやましく思い一人で本を読んでいるのでした。

自信を持って!ネコさん。

第10章 ネコさんの夢
ネコさんはいつもこの森で一番の歌姫になることを夢見ていました。歌姫になればみんながネコさんのことを気にしてくれる。友達になってくれると思っていたからです。
ネコさんは毎日毎日、歌の練習をしていました。
踊りも踊れるように練習していました。

ネコばあさんはカバのお嬢さんがお友達になってくれたのでホッとしていましたが、それでも一人でいることの多いネコさんを心配していました。
ネコばあさんは自分がもうすごく歳をとっていることを気にしていました。

第11章 ネコさんの悲しみ
ネコさんは誰よりも勉強ができて、誰よりも歌がうまくて、誰よりも絵がうまくて、誰よりも踊りが得意でした。

今日もネコさんは一人で歌を歌っていました。
そんなネコさんのところにカバおじさんが息を切らせて走ってきました。
話を聞くとネコばあさんが倒れたとのことです。
ネコさんは走りました。
必死で走りました。
「おばあさん、おばあさん」
ネコさんは走りました。
ネコさんはもう、悲しい思いをするのが嫌だったのです。
また独りぼっちになるのが嫌だったのです。
だから必死でネコばあさんのところへ走って駆けつけたのです。
家に着くとすでに犬のお医者様が駆けつけていました。
ネコばあさんはとても苦しそうにしてベットに横たわっていました。
犬のお医者様が言うことには、歳であることとちょっと疲れているからそれで倒れたのではないかとのことでした。
そして、お薬をあげたいのだけど、どうしても薬草が足りないとのことでした。
とても珍しい薬草で、この森では滅多に見かけることがないそうです。
ベッドではネコばあさんが苦しそうに横たわっています。

第12章 走るネコさん
ネコさんは薬草の絵を描いてもらいました。
そして、その絵を持って野原や山や草原を探しました。
一生懸命、探して探して探しました。でも見つからないのです。
もしかしたらお医者様がいうのですから、薬草はこの森には生えていないのかもしれません。
それでもあきらめずに探し続けました。
ネコばあさんが苦しまないですむように。
一晩中、探し続けました。
だけど、どんなに暗闇で光る目を持っていても薬草を見つけることはできませんでした。
ネコさんは涙を抑えました。泣いても仕方がないのです。
必死に探し続けました。
でも、見つからないのです。

その頃、カバのお嬢さんはカバのおじさんからネコばあさんが病気と聞いて、ネコさんが悲しんでいるだろうとお見舞いにいきました。
ところがお家には犬のお医者様とお手伝いにきている犬のお嬢さんしかいません。
聞くと薬草を探しに行ったとのことです。
カバのお嬢さんは自分にできることを考えました。そして、友達一人一人に事情を説明して協力してもらうように頼みました。
もともと、みんなネコさんのことは嫌いではありませんでした。できたらお友達になりたかったのです。
そして、ネコさんに力を貸したいと思っていたのです。
みんなは犬のお医者様に描いてもらった薬草の絵を持って、森のあらゆるところを探しました。
飛べるものは空から、泳げるものは湖をわたって。木に登れるものは木に登って一生懸命に探しました。
そして、ついに岩の割れ目に薬草が生えているのを見つけることができたのです。
そうとは知らないネコさんは、ボロボロになりながら一生懸命探し続けていたのです。
そんなネコさんの元にカバのお嬢さんがやってきました。
薬草は見つかったこと、友達みんなが協力してくれたこと。ネコばあさんが回復にむかっていることを伝えました。

ネコさんは泣きました。
ボロボロ泣きました。
初めて泣きました。
辛くて悲しいときも寂しいときも我慢してきたのに、今日はうれしくて泣いているのです。
とてもうれしくて泣いているのです。

ネコさんはカバのお嬢さんと一緒にネコばあさんの元に向かいました。
そこではもうベッドから起きて笑顔で座っているネコばあさんと多くの友達が待っていました。
ネコばあさんはすっかり回復したようです。
ネコさんはネコばあさんに抱きつきました。
そして、また泣きました。泣けるだけ泣きました。
もう涙がかれるほど泣きました。
そして、みんなに本当に感謝をしました。お礼を言いました。
友達はみんな照れた顔でそんなことはいいよ。と言わんばかりです。
だって「友達でしょ?」
カバのお嬢さんのその一言でネコさんの心にあった蟠りはとけました。
そうなのです。ネコさんは本当はみんなと仲良くしたかったのです。みんなもネコさんと仲良くしたかったのです。
だけどきっかけとちょっとした勇気がなくて友達になれなかっただけなのです。
ネコさんはとても悲しい思いをしたけれど、とても多くの友達ができました。

そして。。。

第13章 動物の学校
心迷いの森のちょうど真ん中あたり。すこし切り開けた日当たりの良い場所に動物さんたちが通う学校があります。
学校といっても校舎もなくて草原の中に10脚ほどの切り株でできたイスがあるだけの本当に質素な学校です。
もちろん校舎もありません。
それに毎日、決められた勉強を教える人間の学校とはちょっと違って勉強したいときに自由に学校にくることができるのです。
だから時間割もお休みもありません。
夏休みも冬休みもないんですよ。

動物の子供たちはこの学校で人間に化ける方法や元に戻る方法、人間の言葉を勉強します。
はじめから人間の姿で森にきた子もいれば、人間の姿になかなかなれない子、人間の姿になれたけれど元に戻ることができない子など様々です。

どうして人間の姿にならないといけないのでしょうか?
もちろん、人間の姿にならなくてもいいんですよ。
でも、ここに来る動物さんはとても人間が好きで人間の姿になりたいと思うみたいなんですよ。
不思議ですね。

第14章 先生
動物の学校にも人間の学校と同じように先生がいます。
勉強したいときに生徒がやってくるというとても自由な学校のことですから、先生も自由に楽しく教えています。
授業のない日は歌を歌ったり絵を描いたり本を読んだり、みんなが集まるときにはお芝居をしたり楽しく一日を過ごしているんだそうですよ。
ほら、あそこ。先生がやってきましたよ。見覚えがありませんか?あのお手伝いさんの服を着た女性。
そうです。
ネコさんはお手伝いさんをしながらカバおじさんが校長先生をつとめる動物学校の先生になりました。
そして、ネコ先生の一番得意な「友達を作る方法」を子供たちに教えているんですよ。

だけどネコ先生、人間に化ける方法はさっぱりで未だに耳だけはネコのままなんですよね。
おもしろいですね。
(C)Copyright 2011 Gamekozo