ネコさん(過去編)

今朝、変な時間に目が覚めたし、妙に体調がおかしくて変な感じだったんだけどそういう時にネコさんは昔話をしてくれました。

書き留めるのに精一杯でこの続きを聞き出すところまでいきませんでしたが。

この記事はネコさんをまとめましたに統合されています。

第1章 ネコさんの想い出
なっちゃんは小学一年生です。
なっちゃんはとても泣き虫で引っ込み思案。
友だちを作るのが苦手です。
いつも一人で遊んでいました。
そんななっちゃんのお家に、とても小さな宝物がやってきました。
ふわふわな毛にくるまれた小さな小さな宝物がやってきました。
目も十分にひらいていません。
カゴの中で寒そうに震えています。
きょうからなっちゃんがお母さんです。
寒くないように毛布にくるんだり、抱っこしてミルクをあげたり。
なっちゃんに一番の友達ができました。
二人はいつでも一緒。
なっちゃんの行くところには必ずネコさんは一緒でした。
ずーっとずーっと長い間、それは続きました。
なっちゃんが小学校に行っている時も、邪魔にならない所でなっちゃんを見守っていました。
毎日、毎日、ネコさんはなっちゃんと一緒です。

なっちゃんは中学生になって、友達もたくさんできるようになりました。
なっちゃんは友達と遊ぶようになり、ネコさんと遊ぶことが少なくなってしまいました。
でもネコさんは平気。
以前と同じように、毎日、毎日見つからないように学校についていってなっちゃんを見守っていました。
ネコさんはなっちゃんが楽しそうな顔をしているのが大好きでした。
だから遊んでもらえなくても、ぜんぜん平気だったのです。
なっちゃんも高校生になり、恋をするようになりました。
好きな子に告白して、失恋して泣いているときもネコさんはそばでじっと見守っていました。
大学生になり、社会人になり、結婚してたくさんの家族ができたときもネコさんはいつも一緒でした。
なっちゃんの娘さんをお嫁さんに送り出したときも、ネコさんは一緒でした。
お孫さんができて喜んでいるときも、ネコさんはいつも一緒でした。
いま、なっちゃんは多くの家族に見守られて、病院のベットにいます。
人生の締めくくりを迎え、多くの家族に見守られて、なっちゃんは旅立っていきました。
そんな時もネコさんは病院の窓の外からなっちゃんを見守っていました。
なっちゃんは窓の外で心配そうに見つめているネコさんを見つけました。
ネコさんと見つめあうと微笑みかけて幸せそうに静かに旅立っていきました。
ついにネコさんは独りぼっちになりました。
その日はちょうど雪の降るクリスマスの日。
病院の庭で横たわっている大きな年老いたネコさんの身体に雪が降り積もりました。

(C)Copyright 2011 Gamekozo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



イラスト利用規約

イラストは規約を遵守することでご利用いただけます。
なお、著作権は放棄しておりません。

<利用する際に必要な条件>
下記のクレジットとリンクを制作物に記載すること
・クレジット:(C)声で応援 Illustrated by 羊ラジオ
・リンク先:http://www.gamekozo.com/illust

<利用を許可されるもの>
・無償・有償問わずご利用いただけます。
・アプリやソフトウェアに利用していただけます。
・HPやアイコンとして利用いただけます。
・印刷物に利用いただけます。

<利用を許可しないもの>
・二次配布すること。
・イラストそのものを販売すること、またはそれに類すること。
・自らのイラストと偽ること。
・グロテスク・わいせつな表現・露骨な性描写の内容・写真を含むものやそれに準ずるものに使用すること。
・暴力的な表現および人種、性別、宗教、国籍、身体障害、性的嗜好または年齢による差別を含むものやそれに準ずるものに使用すること。
・公序良俗・法令などに違反する内容を含むものやそれに準ずるものに使用すること。
・政治的志向の強いものに利用すること。

<免責事項>
・イラストをご利用になることにより発生するトラブルなどに関しましては当方は責任を持ちません。
・利用規約は当方の裁量で更新できるものとします。

×