泣けるアプリは長時間テストが多いんですよ。だってずーーーーとお声で話し続けてくれるソフトだから途中で勝手に「お声の主が眠って」しまうととてもダメなんですね。
で、テストをしている間に新しいアプリを考えたりしてるわけです。
後はタイマーを実装してボタンを変更したら仕組みとしてはできあがり。
次はお声の編集にかからないと。
とてもとてもデリケートなお声なので今回はしっかり編集させていただきます。