たのかんさ(仮題)のプロトタイプをいただいたサンプルなどで作ってみたのですが、これは黄昏時に聴くとダメですね。夕方ぼ〜っとして聴いていたんですがいつの間にか部屋が真っ暗になっていて気づきませんでした。
聴いている間、何となく色んなことを考え始めて時間が経つのを忘れてしまいました。
マヨイガにでも入り込んだようななんか不思議な感覚で。残念ながら茶わんを拾うことはできませんでした。
そうそう道祖神の本はたぶん、柳田國男さんの本で読んだのだと思います。双体道祖神のことだったかな。