ご協力くださる予定でまだ収録ができない状態である皆さん、ちゃんと理解しています。
無理はしないでください。まずは自身のことを大事に思ってください。
楽しい気持ちになれたらその時に改めてお声をいただければ大丈夫です。
その時を楽しみに待っています。