僕は本当に世の中をわかっていないのでとても馬鹿なことを書いているかもしれませんが、なぜ、マイナスの利息がないのでしょうか?またプラスの金利はなぜないのでしょうか?

景気が悪いときにお金を銀行にため込んで使わないと言うことは経済に対してとても悪いことをしているわけです。
それなら、利息をマイナスにしてしまえばいいと思うんですよね。
逆に景気が悪いときにお金を借りて事業を大きくしようとすることは、経済に対して本当にいいことをしていると思うんですよ。
それなら金利を取らないで逆に利息をあげてもいいと思うんですね。

景気の悪いときにお金を使いたがる人はあまりいないと思うんですよ。
だから経済が悪くなるんですよね。
お金を貯めていればどんどん減ることがわかったら誰も溜めないですよね。もちろん、引き出しても引き出した額は使わないとどんどん減るような仕組みにすれば、嫌でも使わないといけなくなる。
例えば家を買ったらどうでしょうか?
景気が悪くなったら、金利が高くなるのではなくて利息がつくようにしたら、家を買う人が増えるのではないですか?
もちろん、景気が良くなったら金利を取られるというのは当たり前。
今と逆のことをやってみたらどうでしょうか?

まあ、偉い学者さんがいろいろ考えてやっておられるのだからおそらく僕の考えは正しくないのでしょうね。

でもね、商いで考えるといっぱい買ってくれる人には当然おまけを付けたり値引きをするでしょ?あまり買わない人には定価で売るでしょ?
経済は商売と同じなのになぜか逆をやってるからとてもナンセンスに思えるんですよ。

たまに変なスイッチが入るGamekozoでした。