マークフィッシャーの自伝?のような本。
これはちょっと読みたかったのとは違うね。
読み物としたら面白かったけど。

<Amazonより引用>
「小説家になりたい」という夢を打ち明けた少年は、厳格な父の猛反対にあう。それでも、夢に生きることをこわがらず、思いっきり恋もして…悩みながらも大人に近づいていくマルク少年の輝かしい日々。