簡単なプログラムを作りながら勉強するタイプの本のようです。
勉強始めるときに欲しかったな〜

<工学社のサイトより引用>

≪簡単なソフト作りを例に、徹底的に詳しく解説≫
≪iPhone/iPadプログラミングの基礎が身につく!≫
 「iPhone/iPad」の発売以来、それらに対応したアプリケーション開発が注目されています。
 「iPhone/iPad」のアプリケーションは、無償で使える開発キット「iPhone SDK」や、作ったアプリケーションの公開場所となる「App Store」など、一般ユーザーが自由に開発、配布する環境がすでに整っている点が魅力です。
 しかし、一点だけ不自由な点があります。それは、プログラム言語「Objective-Cの書き方」です。今までに「Objective-C」に触れてこなかった人にとっては、これが大きな壁になっています。
 そこで、本書では、簡単なアプリケーションを実際に作りながら、「Objective-C」の文法と、「iPhone/iPadアプリケーション」の開発手法を詳しく解説しています。
 
本書は、小社発行の姉妹書「はじめての iPhone プログラミング」(ISBN978-4-7775-1529-5)の後にお読み頂くと効果的です。