amazonより参照
ベストセラーが最新OSに対応して新登場!!
Cocoa Touchを使ったiPhoneプログラミングだけでなく、Objective-Cについても徹底的に解説。C言語しか知らない人が、初めてiPhoneアプリを作るときに最適の入門書です。

本書は、iPhone SDKを使ってのアプリケーション開発をチュートリアル形式で解説するスタイルをとっています。実用的なサンプルアプリケーションをいくつか作成しながら、その場で必要となる知識について少しずつ学んでいただきます。知識を少しずつ積み上げる形で書いてありますので、基本的には1章から順に読んでいくことをお奨めします。ただし、チュートリアル形式ではありますが、サンプルアプリケーションを作った後には、新たに登場したクラスや概念についてまとめた解説も行っていますので、リファレンス的な読み方もある程度できるように配慮してあります。

本書は、C言語による統合環境でのソフトウェアの開発経験者向けに書いてあります。オブジェクト指向については、基礎的な概念と用語を理解していることが望ましいです。C言語やオブジェクト指向に関する書籍やWebサイトは数多くありますので、知識がないいという方は合わせて読んでいただければと思います。

iPhone SDKを使ったアプリケーションの開発は、Mac上で行いますし、iPhone OS自体がMac OS Xとの共通点が多いため、Mac OS Xでのプログラミング経験があるとスムーズな習得が可能ですが、Mac OS Xのプログラミング経験は不要です。iPhone SDKでのアプリケーション開発を行うためにMacを購入されたという方も多くいらっしゃると思いますので、開発ツールの使い方や開発言語であるObjective-Cについても丁寧な解説を行っています。Mac OS Xでのプログラミング経験者の方は、iPhone OSとMac OS Xとの細かな違いに困惑する部分が出てくると思われますので、その部分についても触れています。