う〜ん

Windows Phoneの仕様が本当にわからない。リソースのデータをそのままバックグラウンド再生できればいいのになぜか内部のシステム領域にコピーしないといけないらしい。
そんなことしたらリソース+システムストレージ領域の二重で容量いるやん。。。ちゃんと読み込んでないから間違いかもしれないけどね。
それならデータは全部ダウンロードにしてやろうかとバックグラウンドでダウンロードするのも実装できたし、バックグラウンドオーディオも組み込んだし、Zipの解凍処理も組み込んだ。
部品はほぼそろったから後は組み合わせていけばアプリになるかな〜。
といってもね、Windows PhoneってIS12Tしかないからリリースする費用も捻出できないので研究用。
Windows Phone 8では解像度が多種になるようだからそれに合わせてリリースできるようにもっと勉強しなきゃね。
今日はVitaのSDKもリリースされたみたいでこっちの方がおもしろいかな〜とか思ってて、まだBetaだけど0.99まできてるからもうすぐなんだろうなあと。
どっちもC#だからAPIはサンプルを見たらなんとでもなるし楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。