声で応援を

声で応援のFlash版で問題なのはテーブルの表示。遅いんです。103のセルを表示しているからとても遅い。20ぐらいにするとそこそこ使えるんだけどね。
ライフサイクルを管理すれば作れるだろうけど、テーブル表示が本当に必要なのかも含めて検討してみないといけないね。
あ、これはFlashを使ってどうなるかと言う実験。
最近いろいろフレームワーク?を触ってやっぱりFlashは優秀だなあと思って。
CoronaSDKやCocos2Dも触ってみたんだけどちょっと僕のやりたいこととは違って。
プログラムの補助が欲しいのではなくて、どのプラットフォームでも使えるものが欲しくて。Unityはたぶんそれに合致するんだろうけど、僕はやっぱりAirと相性が良くて。
それにAirはとても危険な技を使えるって気がついたから。ちょっと試してみたくてね。
「声で応援」のコンセプトモデルを作ってみようかと思うんですよ。Airでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。